スポンサードリンク

2006年11月26日

ですよ。という芸人は斬るしかないだろ

ですよ。という芸人がエンタの神様に
最近出演している。

はっきり言って、
アクセルホッパーや
マジャコング
犬井ヒロシ
などのパクリとしか思えない。

あのレベルで芸人として成り立つのだから、
東京は笑いのレベルが低いといわれても
仕方がない。




つまり、あの程度は
関西人なら
小学生でもクリアしているということだ。


笑いというのは、
パターン化したものとイレギュラーなものの兼ね合わせ、
間の取り方、声のバランス、
見せ方、
様々な要素が絡み合って成立するものだ。


全国ネットの番組に出るのであれば、
もう少し勉強したほうがいいのではないだろうか。


第2陣、第3陣と続く芸人さんたち・・・。


ノリだけだと飽きられるのも早い。

がんばれ!!
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 06:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28291515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。