スポンサードリンク

2006年12月20日

オタク文化は世界的??・・なの???

アマゾン(Amazon)といえば、
インターネット最大のブックマーケットとしても有名だが、

そのアマゾンが
なんとオタク専門のサイトをオープンした。

ここだw。
OTAKUストア


日本では、電車男のブームでやや市民権を得たかに見えたが、
相変わらず、キモい、ウザいの代名詞ともなっているのがオタク文化。

というか、ネットでこんな記事を真剣に書いている私も、
どちらかといえば、世間はオタクに分類するだろう。

それは、それでよい。

何も恥じることはないのだから・・・。

ちなみに、
私はファーストガンダムのセリフは全部入っている!?
(充分オタク??)

しかし、アマゾンが本格的に乗り出すということは、
それだけシェアがあるということなのだろう。

事実、アメリカのポケモンのブームは
大人も巻き込んでいるし、
ヨーロッパでは、日本のアニメのコスプレが市民権を得ている。

アマゾンのこのサイトは、
今後、カテゴリー別、キャラクター別、監督別??
までも分類し、探し出すことができるようになるそうだ。

監督別・・・というのは、いかにもオタクらしいが、
Zの劇場版2作目や、SEEDの一連の動きでバンダイにうんざりしている私は、
製作会社別、とか、メインスポンサー別、まで網羅していただけるとありがたい。


オタク文化の元祖といえば、やっぱり♪

posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | インターネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

(新規)アマゾン オタク分野に進出? 新ストア「OTAKUストア」開設
Excerpt: サクっと選べる「OTAKU ストア」がAmazonでオープン amazon.co.jpを運営するアマゾン ジャパンは18日、Amazon.co.jpに"オタク"関連商品を販売するカテゴリ「OTA..
Weblog: Cottonwoodhill 別別館
Tracked: 2006-12-20 21:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。