スポンサードリンク

2007年01月12日

不二家のお粗末な事件

洋菓子販売メーカー大手の不二家が
同社埼玉工場で賞味期限の切れた牛乳でシュークリームを作っていた問題・・・、

管理体制の問題もさることながら
昨年11月に
「消費期限切れ原料の使用がマスコミに発覚すれば、雪印乳業の二の舞となることは避けられない」
という配布資料を作成していたことが問題になっている。

まさに、企業倫理を問われる問題に発展している。



藤井林太郎社長らは
事実を認識していた上で、
回収措置や公表を怠っていたことについて、「対策が不十分だった」と陳謝。



・・・
いや、
対策が不十分というよりも、
消費者よりも企業優先のその考え方が、
間違っているのだ。

そう、
不十分ではなく
「間違っている」
のだ。



サービス業のマニュアルに一般的に書かれていることは
「お客様優先」の姿勢。

また、
「自分達の給料は、お客様からいただいている」
という考え方が、サービス・販売業の常識であり、
おそらく、末端の不二家の店舗でも、そういった教育がなされていたと思う。


給料をいただいているお客様への「裏切り行為」。

これは、許されるものではない。


この事件を反映して、
不二家の株価は続落。

本来の会社のオーナーとも言える株主に
多大なる損害を与えた現経営陣は、
その責を追わなければならないだろう。



雪印グループも、
マーケットの中から姿を消しつつある状況で、
また不二家も、同じ轍を踏むことになる。

株主、社員、消費者に対し、
どういった方法で己の行なった行為の償いをするのか、
しっかりと見て行きたい。



懐かしの不二家のCM。
もう、こうしたCMも、見ることはないだろう・・・。

posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31283940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。