スポンサードリンク

2007年02月09日

googleを越える検索システム、日本上陸間近!?

世界でもっとも親しまれている検索エンジンといえば
google。

日本では、yahooのほうが利用度は高いようだが、


それらを越える検索エンジンが、2007年中に
日本に上陸するかもしれない。

検索エンジンの名称は「百度」。
http://www.baidu.com/


「バイドゥ」と読むのだが、
ご想像の通り、中国発の検索システムである。


中国と言えば、上海を中心に
経済特区の開発が大きく進んでおり、
国際的にももっとも熱い地域である。

この中国の「百度」だが、
中国圏内での市場シェアは
62.1%というから驚きだ。

googleはわずか25.3%と、大きく離されている。


この「百度」だが、
検索システムにとどまらず、
コミュニティ機能を持ち、
ユーザ同士が質問、回答しあえるQ&Aサービスの「知道」や
掲示板を作れる「Post Bar」
ユーザが書き込んで作成していける辞書「百科」などを
提供。

さらに、音楽や動画の検索を可能にし、
ブログサービスも提供など
私たちが、いくつかのサイトで利用しているサービスを、
「百度」ひとつのサイトで網羅してしまっている。

ユーザが分散するのを避けている。


こうしたニュースの通りの機能を本当に実現しているならば、
私たちにとって、「百度」上陸は非常に待ち遠しいのだが、

そこはやはり検索エンジン。

ユーザの希望する検索結果をきちんと表示してくれるのかどうかが、
大事な要素になってくる。

日本語は、もっとも複雑な言語と言われるほど
文法的にも単語的にも多岐に渡っており、
検索エンジンのアルゴリズムは、
一部の日本のwebオーナー達の検索スパムを
撃退するまでに至っていない。


日本のユーザを満足できるかどうか、
中国のパワーに期待が高まるところだ。
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 14:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | インターネット
この記事へのコメント
はじめまして。
もう渋谷に会社があるみたいです。(^O^)
Posted by mcmt at 2007年02月09日 16:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33278966
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。