スポンサードリンク

2007年02月19日

米国でもブロードバンドが急激な速度で普及

アメリカのブロードバンド普及率が
2007年中に50%を上回ることが
ほぼ確実視されているらしい。

イギリスでも、50%突破はそれほど遠い未来のことではないようだ。


世界でもっともブロードバンドが普及しているのは
韓国の88%。

さすが、インターネットによる様々な弊害が
社会問題しているだけある。


欧米では、アイスランドが73%と最も高い。

ちなみに
日本ではブロードバンドの普及率は
昨年末時点で44%。

毎日新聞など、一部のメディアがキャンペーンを張る割には、
以外にもブロードバンド普及率は少ないのではないだろうか?



このサイトをご覧になっている人の中にも、
もしかするとまだ、ブロードバンドに未加入の方もいらっしゃるかもしれないが、
やはり、回線次第で、ネットの利用時間も変わってくる。


日本では、山間部などまだまだブロードバンドに程遠い地域も
かなりあるようだ。



今後、日本でもやがて、ブロードバンドは
全世帯の50%の普及率を越え、
やがては90%以上になるであろう。

それにしたがい、ネットにおけるビジネスチャンスも増え、
また、法整備も行なわれ、
野放し状態ではなくなると思う。



が、
今一部の個人事業者が叫んでいるように、
インターネットにおけるビジネスチャンスは、
やはり公平なものでなくてはならないだろうし
(検索エンジンに左右されている向きもある)、

また、
インターネットが良識を保つことは、
一部のマスコミが扇動して行なわれるべきことではない。

なぜなら、彼らマスコミ自体が
良識とはかけ離れているからだ。




いずれにしても、
便利が加速されることは間違いない。
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・IT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34127165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。