スポンサードリンク

2007年02月20日

メールアドレスを知られずに匿名でメール通信できる手法開発

『電子メールのアドレスを相手に知られることなく送信でき、
受信者は送信先のアドレスが分からなくても返信できる「匿名通信手法」を、
電気通信大学情報通信工学科の國廣昇・助教授と同大大学院学生の鳥山浩氏らが開発した。』

詳細
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20343423,00.htm



この記事の中で、開発者の鳥山氏は
「いじめなどの相談を生徒が先生に匿名でできる」
などと、メリットを強調し、
特許申請など行わず、
この技術を公開するとしているが・・・。


これはマズイだろ。



そもそも、生徒が匿名でイジメの相談をできると同時に、
生徒が他の生徒に、
匿名でイジメに相当するメールを発信できないか?

ただでさえ、メールによるイジメが深刻な現在、
送信先不明の中傷メールは
受信者の心の傷を広げるだけではないだろうか?



また、
欧米で深刻になっている問題が、
スパムメールである。

私のメールソフトも、
毎日数百通のスパムメール(ほとんどがアダルト系)を受信しているが、
日本はまだましなほうである。

アメリカなどの現状は遙かに深刻だ。


スパムメールの受信についての不快さだけならともかく、
私の場合、仕事に支障をきたしている。

それでも、まだましなほうで、
実際にアメリカなどで、スパムメールを送受信するための
サーバの負荷がどれほどの経済的損失を招いているか、
知っているのだろうか?


容量次第では、サーバ負荷が増大する夜の時間帯など、
同時にスパムメールの送受信の負荷などもあいまって、
サーバダウンすることがそれほど珍しくないらしい。


これらのことを考えると、
現段階では、むしろ弊害のほうが大きいのではないだろうか?



確かに、新たな技術の開発は必要なことではある。


が、それを実際に実用するかどうかについては、
深慮が必要である。



全体感にたった判断は、
技術開発者だけでなく、多くの人の意見に耳を傾けてこそ、
適切になされるのではないだろうか?





固い話題だったので、やわらか話題をw


今、私のイチオシのキャラw
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・IT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。