スポンサードリンク

2007年02月28日

君が代伴奏命令の判断に思う

東京の日野市立小学校で、
入学式の際「君が代」のピアノ伴奏を命じた校長の職務命令を拒否した女性教諭が
『その拒否を理由に懲戒処分を受けたことが不当であり、
処分の取り消しを求める』
という訴訟を起こしていたが、
昨日27日、最高裁が判決を下した。

最高裁が、一連の「君が代、国旗」の問題について判断を下すのは初めて。

判決は、
「校長の職務命令は合憲」
とするもので、上告を棄却、教師の側の敗訴が確定したそうだ。


細かい判決文を私は見ていない。
また、原告側の訴訟文も見ていない。

あくまでも、メディアの報道を見ただけなのだが・・・。


この教師・・・
というか、この教育の場での「国歌、国旗」の問題に対し、騒ぎ立てる教師全員に言えることだが・・・。


君が代を斉唱したり、国旗を掲揚したりするのが、
「教育の場で特定の思想を強要する行為」
につながるのであれば、
逆に、それを拒否することは
「『国歌、国旗を拒否する』という『特定の思想』を教育の場で押し付ける」
ことにはならないのだろうか?

いささか詭弁のようだが、
一連のこれらの問題で騒ぎ立てる教師達の言動の中には、
「教育の場での本来の主体者」たる
『児童・生徒』の姿が見えない。

『児童・生徒』たちが
「自己の考えを主張するには未熟であるがゆえに、教師が代弁している」
というのなら、
その「代弁者」たる教師達は、なぜ昨今の
『教育の現場の荒廃』を抑制できずにいるのだろうか?

「代弁者」であるならば、
『児童・生徒』たちが
何を叫ぼうとして自他を傷つける行為に及んでいるのか、
わかろうものではないか?


私には、彼ら大人たちの言動は
子供たちを隠れ蓑にしてエゴを振りかざしているようにしか思えない。


ちなみに・・・、
私の時代は国歌斉唱、国旗掲揚が当たり前の学生時代だったが、
私は国粋主義には育っていない。

申し訳ないが、君が代には何の感情もない。

国旗の日の丸は・・・
というよりも、自分が生まれ育った国としての日本に非常に愛着があり、
大切に思っているが、国家が好きなわけではない。

むしろ逆である。

単に、自分が生まれた国の象徴として、日の丸に愛着があるだけだ。


つまり・・
国歌や国旗を強要しようが、強要しまいが、
それで洗脳じみた影響を受けるほど、
子供たちは愚かではないと思うのである。

子供たちをそのように見下している教師達は・・・

傲慢ではないだろうか??
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(3) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34889299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「日の丸・君が代拒否」は内心の自由の問題なのか?―本来の争点は別のところにある
Excerpt: 「日の丸・君が代拒否」はしばしば内心の自由の問題として主張されます。これは本当に正しいのでしょうか?、「自由とは何か?」ということも踏まえた倫理の問題として考えると、一般的な理解とは、全く別のことが浮..
Weblog: 情報学ブログ
Tracked: 2007-03-01 23:35

最高裁、君が代判決について
Excerpt: 最高裁での君が代伴奏判決は命令を拒否した教員の敗訴となった。   この件ではいろいろな人がブログに記事を書いている。私も書きたいが、あまりに考えるべきことが多すぎて今は書けない。そのうちに記事にできる..
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2007-03-02 00:18

「君が代ピアノ伴奏命令は合憲」判決の雑感
Excerpt:  「君が代・日の丸」に関しては、人それぞれ思うところはあるでしょう。私としては、「国旗・国歌」としても違和感は感じないものなんですが、他人に対してどうこう言うつもりはありません。ただ、賛否両論について..
Weblog: Re:F's blogroom
Tracked: 2007-03-02 09:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。