スポンサードリンク

2007年03月08日

ジュセリーノの予言w 2007年以降

ジュセリーノという予言者がいるそうだ。
検索してみると、どうやらブラジルの予言者らしい。

アメリカ相手に、自分の予言に関しての裁判を起こしているお方だそうだ。


ここで私の立場をはっきりさせてもらえば、
私は、予言や預言などと言う代物を、
まったく信用していない。

と言って、その類のテレビは見ている。



なぜ???



面白いからだ。

私にとっては、これらの類とお笑い番組は
同類である。

まあ、
細木数子や江原啓之といった類を見れば、
そう思っても当然ではないだろうか?



「彼らに本当に力があるのなら、
今すぐその力で、未解決事件を全て解決して見せろ」
とは、某掲示板の書き込みである。

まったく同感だ。


ちなみに・・・
このジョセリーノなる予言者の
2007年以降の予言を並べてみる。

てか、ここまでくると、やっぱり荒唐無稽w


2007年

2007年 フィリピンを前代未聞の台風が襲う。

2007年 パキスタン等、世界各国で大地震が起こる。

2007年3月 東京で地震発生。

2007年10月 東京で地震発生。

2007年12月31日 人類が過ちに気付く最後の機会。



2007年以降

2008年 エイズワクチンが誕生。マットグローソ州にあるルアナーと言う薬草から開発されます。

2008年 アフリカで水不足が発生し数千人が死亡。

2008年 中国で大地震。

2008年9月13日 アジアのどこかの国で地震による津波が発生する。

2010年 アフリカでは気温が58度まで達して水不足が頂点に達する。

2010年6月15日 ニューヨーク株式取引所崩壊。

2011年2月17日 アフガニスタンで地震。

2011年 鳥インフルエンザが人間へ感染して8千万人が死亡。初症状は普通の風邪に似ているらしい。

2012年 黒い煙の時代。12月6日から気温や疫病が増大、人類の滅亡が始まる。

2012年 インドネシアのクラカトアー火山が噴火する。

2012年 0.01_コンドームが販売される。

2013年11月1日〜25日 アメリカのイエローストン火山が噴火、灰がカンサス、ネブラスカ、リビンストンその他にまで及ぶ。150mの津波。最後に噴火したのは7万年前、もしまた噴火すれば新しい氷河の時代が誕生する。

地球で安全な場所は14箇所しか残らない。その内1箇所がカナダ、1箇所がアジア、12箇所がブラジル。



2013年11月25日 カナリア諸島で大津波が襲う数千人が死亡。

2015年 ポルトガル、イギリス、フランス、スペイン等ヨーロッパ全域で旱魃。2015年4月22日にはもっと激しくなる。

2015年 インドネシアのクラカトアー火山が再噴火。

2023年2月9日 サンフランシスコで震度8.9度の地震が起きる。

2026年7月17日 サンフランシスコでザービッグワンと言う名の大地震が起きてカリフォルニアが崩壊。震度10.8度の過去最大の地震。

2029年4月13日 地球の近くをアポフィス小惑星が通る。

2036年11月11日 再び地球に同じアポフィス小惑星が接近。衝突の可能性は80%で地球壊滅の危機。

2039年 温暖化の影響で気温が60度以上になる国が現れる。

2043年 人類滅亡。


posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。