スポンサードリンク

2007年03月14日

ポケベルって・・・まだ続いてたんですね・・・。

引用元
http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000056021,20345133,00.htm

 NTTドコモは3月13日、31日にサービス終了を迎える「ポケットベル(現クイックキャスト)」の歴史について、
レポートを発表した。

 日本で初めての無線呼び出しサービスとして、1968年7月から始まったポケットベルサービスは、
一斉同報ができるなどの利点から、主に官公庁や医療関係者などから利用が拡がり、緊急時の連絡手段として使用された。

1988年に登場したカードタイプ  その後、一般企業の営業担当者や個人にも利用が拡がり、
1995年には、若者の間で「ベル友」ブームに。
女子高生を中心とした若者が、「0840(おはよう)」「724106(何してる?)」「14106(愛してる)」など、
語呂合わせで意味をつけた数字を文字制限いっぱいに工夫してポケットベルにメッセージを送りあうという一種の「言葉遊び」が
大流行し、新しいコミュニケーション文化が始まった。

以下続く・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

って、私がポケベルを持っていたのが
1994年ごろ・・・。

呼び出しはうっとおしいときもあったけど、
改めて近所の公衆電話から
相手にかけ直すしか、相手とコミュニケートする手段がなかったんで、
都合の悪いときなどは
ロスタイム・・・w

今の携帯電話のほうが
こちらの都合おかまいなしで
やや暴力的に感じるのは
私だけだろうか・・・?

留守電転送しても、
こちらが出るまで何度もかけてくるし・・・。


終わってたと思っていたが、
改めて『終了』となると
なんか哀愁が・・・。
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・IT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35913894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。