スポンサードリンク

2007年03月14日

漫画もゲームも無料でお試し--ソフトバンクモバイルの新サービス

 ソフトバンクモバイルは3月28日より、第3世代携帯電話向けの公式メニューのサービスとして、
電子コミックやゲーム、音楽情報番組を無料で利用できるサービスを開始する。
ユーザーにコンテンツの利用を促し、ARPU(1人あたりの月額利用料金)の引き上げを図る狙いだ。

 電子コミックの第1話を利用できる「タダコミ」、
ユーザーがゲーム情報番組を視聴すると毎週2つのゲームをダウンロードできる「タダゲーム」、
音楽情報番組を視聴できる「タダ歌ばん」の3つを提供する。

 コンテンツはさまざまなコンテンツプロバイダが提供する。
コンテンツプロバイダとしては、自社の有料サービスへユーザーを誘導できるメリットがある。
提供コンテンツとしては、コミックの「DEATH NOTE」、ゲームの「逆転裁判 第1話」、
音楽情報番組の「MUSIC.JPチャンネル」などがある。

 なお、タダゲーム、タダ歌ばんを再生するには専用のS!アプリ「S!番組プレイヤー」が必要となる。
S!番組プレイヤーはjig.jpの動画再生技術であるjigムービーをベースとしている。

 今回のサービス開始にあわせ、
ソフトバンクモバイルでは「Yahoo!ケータイ」「Yahoo!コミック」の検索ボックスから
電子コミックや電子書籍を検索できる「電子ブック検索」サービスも開始する。

引用元
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20345185,00.htm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

他の債権者から怒涛のクレームを受けているソフトバンクw

最終的に有料コンテンツに誘い込むという
ありきたりのマーケティングを使って、
顧客の満足度が上がると思っているのだろうか・・・w


モバイルだけでなく、ソフトバンクグループは、
自己の謳う企業理念と現実の経営姿勢とのギャップに、
そろそろ気がつくべきでは・・・?
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35935308
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。