スポンサードリンク

2007年03月17日

ライブドア事件 堀江貴文氏の判決

元ライブドア代表取締役の堀江貴文氏の
地裁での判決から一夜が明けた。

判決は、実刑判決だった。

この判決には、世論も賛否両論のようだ。


私は・・・、


疑問をぬぐえない。


某紙では、判決理由の
「投資者に成長性の高い企業の姿を示して投資判断を大きく誤らせた結果は大きい」
との考えを支持し、
従来の粉飾決算と比較して非常に悪質だと断じている。

また、堀江氏の行動を
一般投資家を“踏み台”にして利潤追求を行なったと批判している向きも多い。

というか、
これらの感覚を「一般的」と決め付けている。

一方的に「一般的」のレッテルを貼るマスコミは嫌いだ。

だとしたら、私の感覚は一般的ではないということになるからだ。


というか、
某占い師のH女史などが
「あんた!!あなたの会社の株は○千円まで上がるよ!!
安心しな!!」
などと公共の電波で発言するから
こんなことになるのでは??w

ある意味、あれも「風説の流布」だと思うのだが・・・w



まあ、冗談はさておき・・・。


なぜ、私が疑問に思うか・・・。


本質的に捉えるならば、
判断に公平性を欠くからである。


公平性を考えるならば、
ライブドア事件の判決を基準にするならば、
他の判例や事例に対し
もっと厳しく対処すべきであろうし、

他のものを基準にするならば、
今回の判決には
執行猶予が付いてもおかしくはないと思えた。



まず・・・
一般投資家を踏み台にして利潤追求をしている企業家は
他にはいないのか?

合法であれば、踏み台にするのは問題がないのか?

それほどまでに、現行法は完璧なのか?



上場企業の粉飾決算で
「投資者に投資判断を大きく誤らせた」ことがないものが
存在するのか?

粉飾決算そのものが
投資家だけではなく、取引企業にも判断を大きく誤らせるものではないのか?

ならば、
粉飾決算を行なった企業の代表は
同様の断罪を受けるべきでは?



さらに・・・


投資等の経済活動だけでなく、公共においてはどうか?

国民の血税を浪費しているに過ぎない天下りについては
司直は断じないのか?

大阪市の隠し金は?

日興コーディアルは??


大きな声では言えないが
衆院選で堀江氏と争った広島の某K氏などは
かなりの違法行為を犯しているにもかかわらず、
全てをもみ消している。

警察庁OBだと、警察はもちろん検察も
「なあなあ」で済ますのか?



今回の判決についても、
司直の公平性について
非常に疑問を持つ結果となった。


何のための三権分立か・・・。


この国に、本当の意味での
民衆勢力が必要な時代に来ている。
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 07:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
旅行マニアと言います

私の旅行サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きました

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/kabukom1173/archives/53219304.html
です。
Posted by 旅行マニア at 2007年03月17日 09:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36153325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。