スポンサードリンク

2007年03月31日

「恐怖の食卓」で表現に行き過ぎ、フジTVが謝罪

「恐怖の食卓」で表現に行き過ぎ、フジTVが謝罪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000503-yom-ent&kz=ent


記事本文

 フジテレビが、昨年9月に放送した番組「恐怖の食卓」の中で、
ADHD(注意欠陥・多動性障害)を扱う際の表現に行き過ぎがあったとして、
同局のホームページ上で謝罪していたことが31日、わかった。

 同番組の中で、タレントの子どもの食生活を例にして、
高脂質・高たんぱくの食事を続け、
3年後にかかる可能性のある病気として脳神経科医が「AD」とパネルで示し、
「少年犯罪の一因と考えられている」などとテロップを流した。
これに対し、埼玉県内の患者の家族らで構成するNPO法人が抗議していた。

 同局は
「食事との因果関係は十分解明されておらず、食事が発症原因の一つと表現したことは誤りだった。
少年犯罪と関連するかのような表現を用いた点は、行き過ぎたものと反省している」
などとしている。

=================================


「発掘あるある大辞典」の問題も然り、
TBS系列でのボクシングの試合判定や
最近では不二家とみのもんたの問題も然り、
テレビというメディアの問題点が
昨今、浮き彫りにされている。


もとより
メディアの責任は重大だが、
それ以前に
メディアを妄信し、踊らされていることを問題視しなければならない。

最近私が、もっとも辟易しているのは
「インターネットについての弊害」
をあまりにも過激に表現していることだ。

某掲示板のオーナーの賠償金未払いや
匿名性を利用しての無法ともいえる書き込みなど
問題点は確かに多い。

が、それが波及して、
デイトレやその他の
ネットで生計を立てることすら
批判の対象にされている。


デイトレだろうが
アフィリエイトだろうが、
簡単に儲かるわけはない。

それなりの苦労や努力は
見えないところでやっている。


鵜呑みにして
全てを批判することが愚かしいことであることを
認識していただきたい。


まあ、
そんなこと、ここに書いても
批判する連中は目にすることはないだろうけどw



これってどう?

posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 14:12 | Comment(1) | TrackBack(1) | パソコン・IT
この記事へのコメント
はじめまして
私の健康食品のブログに

こちらの記事を紹介させて頂きました。

紹介記事
http://blog.livedoor.jp/kabukom1172/archives/53452022.html

これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by 健康サプリcom at 2007年03月31日 14:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

フジテレビ、「恐怖の食卓」で謝罪
Excerpt: 関西テレビの「あるある」報道事件が世間を騒がせていますが、フジテレビの「恐怖の食卓」でも行き過ぎた報道内容について謝罪がなされた模様です。
Weblog: テレビドラマ☆キラリ!ランキングで観る人気ドラマ
Tracked: 2007-04-01 03:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。