スポンサードリンク

2007年03月14日

漫画もゲームも無料でお試し--ソフトバンクモバイルの新サービス

 ソフトバンクモバイルは3月28日より、第3世代携帯電話向けの公式メニューのサービスとして、
電子コミックやゲーム、音楽情報番組を無料で利用できるサービスを開始する。
ユーザーにコンテンツの利用を促し、ARPU(1人あたりの月額利用料金)の引き上げを図る狙いだ。

 電子コミックの第1話を利用できる「タダコミ」、
ユーザーがゲーム情報番組を視聴すると毎週2つのゲームをダウンロードできる「タダゲーム」、
音楽情報番組を視聴できる「タダ歌ばん」の3つを提供する。

 コンテンツはさまざまなコンテンツプロバイダが提供する。
コンテンツプロバイダとしては、自社の有料サービスへユーザーを誘導できるメリットがある。
提供コンテンツとしては、コミックの「DEATH NOTE」、ゲームの「逆転裁判 第1話」、
音楽情報番組の「MUSIC.JPチャンネル」などがある。

 なお、タダゲーム、タダ歌ばんを再生するには専用のS!アプリ「S!番組プレイヤー」が必要となる。
S!番組プレイヤーはjig.jpの動画再生技術であるjigムービーをベースとしている。

 今回のサービス開始にあわせ、
ソフトバンクモバイルでは「Yahoo!ケータイ」「Yahoo!コミック」の検索ボックスから
電子コミックや電子書籍を検索できる「電子ブック検索」サービスも開始する。

引用元
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20345185,00.htm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

他の債権者から怒涛のクレームを受けているソフトバンクw

最終的に有料コンテンツに誘い込むという
ありきたりのマーケティングを使って、
顧客の満足度が上がると思っているのだろうか・・・w


モバイルだけでなく、ソフトバンクグループは、
自己の謳う企業理念と現実の経営姿勢とのギャップに、
そろそろ気がつくべきでは・・・?
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2007年03月07日

動画検索 国内最大サービスFooooo稼動

バンク・オブ・イノベーションが、
Fooooo」というwebサービスを開始した。

You Tubeはもちろん、国内外の50のサイトから
合計2300万件以上の動画共有サイトを
横断して検索できるシステムだ。


バンク・オブ・イノベーションという会社を
私は知らなかったが
昨年立ち上げたITベンチャー企業で、
このFoooooが、
独自ブランドとしては初めてのサービスとなるらしい。

実際に使ってみたが、
問題なく使えるようだ。


大手の検索サービスも、次々に動画検索のジャンルに進出しているが、
現段階では、ここが最強の検索機能を持つようだ。


検索結果からコンテンツの再生はもちろん可能。
それぞれの動画についたタグから関連するコンテンツを
逆引きすることも可能。

なので、需要はかなり高まりそうだ。

もちろん、私も「お気に入り」に追加したw

現在はベータ版だが、
ベータでこれだけの検索機能を維持しているならば、
今後が楽しみなサービスと思われる。


もちろん、
Foooooそのものは、
現段階では無料で利用できる。



Foooooで懐かしのマジンガーZを検索してみたらこんなのがあった。

韓国で作成された番組らしいが・・・W

posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(3) | インターネット

2007年03月05日

携帯オークションはお手軽??

PCでの最大のオークションサイトといえば、
何といってもyahooだろう。

携帯でのオークションサイトといえば、
モバオクというサイトが有名だ。

携帯でのwebアクセスは、
バケット定額制などの導入により、
一気にアクセスが増えている現状だ。

PCの場合は、
逐一PCを立ち上げてアクセスしなければならないし、
何よりデスクトップ型の場合、
自宅や会社、ネットカフェなど、
webサイトを閲覧するTPOが限られてくる。

ところが、携帯の場合、
時と場所を選ばず、
簡単にアクセスできるのが大きなメリットだ。

そのため、今後益々、
携帯サイトのニーズが高まり、
アクセスも急上昇することは必至だ。



なので、特に主婦層を中心として、
手軽にできるモバオクをはじめとした
携帯オークションが人気だ。


ただ・・・


気をつけなければならないのは、
ヤフオクなどのPCオークションサイトでも
詐欺が横行し、被害があとを立たないということだ。

携帯の場合は、なおさらである。


いくらサイトのセキュリティを上げたところで、
偽の情報で登録されてしまえば
それを見破ることは不可能に近い。


出品者の評価を見ればいいと考えている向きもいらっしゃるが、
別IDで、いくらでも評価を上げることはできる。


また、携帯画面はPCよりも小さいため、
商品の画像を詳細に確認できず、
それが元で泣き寝入りをする人も多い。



結論としては、
よく言われることだが、
カード決済、前金払いは避けること。

また、高額の商品については、
利用しないのがベストだろう。



多くのネットショップが、
アフィリエイトシステムなどを利用し、
コストを最小限に抑えて商品を流通させている現状、
明らかに安価な商品は、
疑ってかかったほうがいい。
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2007年02月26日

セカンドライフ、日本上陸間近

セカンドライフ(Second Life)というのをご存知だろうか?

英語圏ですでに稼動しているwebシステムだ。



セカンドライフ(Second Life)は巨大な仮想空間で、
その中には、様々な店舗や大学、美術館やカジノ、
果ては宇宙センターや自動販売機まで存在している。

このセカンドライフの中では、自分をアバターにして、
動き回ることができ、また互いに会話もできる。


PCの画面の中で生活するその様は、
現実とほとんど変わらない。



こう説明すると、
なんとなくシムシティなどのバーチャル空間をイメージするが、
注目なのは、このバーチャルな空間の中で使うお金が、
実際の現金に換金できるということだ。


つまり・・・・
この世界の中で何かを販売すると収入を得ることも可能で、
セカンドライフに用意されたツールを使えば、
自分の好きなように、車や家具、洋服や雑貨を作り出すことができる。

作成したものには著作権が適用される。


仮想空間の中で、バーチャルな生活を楽しむこともできるし、
大きなビジネスチャンスを手に入れることもできると言う。

事実、アメリカの企業の参入は多く、
日本の企業も、すでに参入しているところもある。


個人でも、
webビジネスを展開している人たちの中には、
すでに日本上陸を心待ちにしている人もいる。


おそらく、ニートや引きこもりと呼ばれる人たちも、
あるいはこのバーチャルな空間の中で実際に生計を立てる人が出てくるだろうし、
そうした意味では、日本上陸は大きな社会現象になるかもしれない。



ただ・・・・
著作権をはじめとする法律には
日本人はかなり鈍感で、
(事実、平然と著作権を侵害して他人の文章をコピペしているブログもよく見かける)
また、ネット上でデリカシーのない行為を平然とやっている人もいる。
(個人でスパムメールを送りつけ、平然としている御仁もいるw)

これらに対し、システム側の対応策を万全にしておかなければ、
セカンドライフも、あるいは犯罪の温床になるかもしれない。
(mixi内で、自動足跡ツールなどで詐欺まがいの商品を販売して歩く人もいる)



ともあれ、ブレイクすることは必至。
私も、日本上陸を楽しみに待ちたい。

セカンドライフ内のブックオフ

近未来だったものが現実になってしまった・・・。
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2007年02月09日

googleを越える検索システム、日本上陸間近!?

世界でもっとも親しまれている検索エンジンといえば
google。

日本では、yahooのほうが利用度は高いようだが、


それらを越える検索エンジンが、2007年中に
日本に上陸するかもしれない。

検索エンジンの名称は「百度」。
http://www.baidu.com/


「バイドゥ」と読むのだが、
ご想像の通り、中国発の検索システムである。


中国と言えば、上海を中心に
経済特区の開発が大きく進んでおり、
国際的にももっとも熱い地域である。

この中国の「百度」だが、
中国圏内での市場シェアは
62.1%というから驚きだ。

googleはわずか25.3%と、大きく離されている。


この「百度」だが、
検索システムにとどまらず、
コミュニティ機能を持ち、
ユーザ同士が質問、回答しあえるQ&Aサービスの「知道」や
掲示板を作れる「Post Bar」
ユーザが書き込んで作成していける辞書「百科」などを
提供。

さらに、音楽や動画の検索を可能にし、
ブログサービスも提供など
私たちが、いくつかのサイトで利用しているサービスを、
「百度」ひとつのサイトで網羅してしまっている。

ユーザが分散するのを避けている。


こうしたニュースの通りの機能を本当に実現しているならば、
私たちにとって、「百度」上陸は非常に待ち遠しいのだが、

そこはやはり検索エンジン。

ユーザの希望する検索結果をきちんと表示してくれるのかどうかが、
大事な要素になってくる。

日本語は、もっとも複雑な言語と言われるほど
文法的にも単語的にも多岐に渡っており、
検索エンジンのアルゴリズムは、
一部の日本のwebオーナー達の検索スパムを
撃退するまでに至っていない。


日本のユーザを満足できるかどうか、
中国のパワーに期待が高まるところだ。
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 14:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | インターネット

2007年02月06日

よりユーザ本位な検索システム登場

netPlantという検索エンジンが、
国立福島工業高等専門学校の電気工学科4年生、大澤昇平さんによって
公開された。

このnetPlantという検索システムは、
今の段階ではまだベータ版なので、不具合が出る可能性はあるが、
発想としては非常に興味のあるものだ。


netPlantのサイト


また、まだFireFoxにしか対応していないので、
初心者中級者に多い、IEに対応するのが待たれるところである。
(かくいう私もIEのユーザw
いや、慣れてしまっているので、変えるのが面倒なだけだが・・・)


ただし、netPlantそのものは、IEなど他のウェブブラウザからも利用可能。

要するに、FireFoxのブックマーク共有プラグインの「swimmie」を利用している。

これは、
swimmieの登録ユーザがブックマーク、つまりお気に入りに登録しているサイトの情報を
それぞれ共有していくということだ。

他の登録ユーザが、例えば「ブログ」というフォルダでお気に入りに登録していると、
netPlantでの検索結果に、これが表示されるというもの。

つまり、ユーザが増えれば増えるほど、検索結果のデータも増えていくし、
検索結果のサイトには、ある程度希望通りのサイトが表示されると思われる。
何より、スパムのように検索したい情報とは無関係なサイトに接触する可能性は低くなる。



ただ、発想としては面白いのだが、
もちろんweb上の全てのサイトを網羅することは不可能だ。

また、以外にディープなサイトに触れることも難しくなるだろうし、
新規に立ち上がったサイトは、なかなかお目にかかれない。



なので・・・
興味のある方は、googleやyahoo、msnなどと併用して使うのが
ベストだと思う。



でも、
この発想力は素晴らしいものだと思う。
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(2) | インターネット

2006年12月29日

ミランカ〜動画配信サイト

ミランカというキーワードが、
妙に検索されているので、なんだろうと思っていたが・・・。

どうやら新しい動画配信サイトのようである。


有料なのだが、
リアルタイムで観ると
アニメとミュージックチャンネルは無料、
ネオというチャンネルは、全番組無料のようだ。

番組欄も、新聞などのラテ欄のような構成で
非常に観やすくなっている。


動画配信サイトといえば、
GYAOが有名だが、
採算ベースに乗ることができず、
なかなか多難な運営を迫られている。


ミランカ、はどうか??

無料登録の会員を募り、
その上で、希望者に有料化してもらう戦略のようだが、
ユーザ側にとっては、
番組の充実こそが、リピーターになるかどうかの判断基準になることは間違いない。


ちなみに、私も、
とりあえず無料登録だけはしておいた。


ネットテレビ【ミランカ】


GYAOは、登録はしたが、今はほとんど利用していない。


ミランカは、ユーザビリティに富んだサイトになるかどうか、
コレからが楽しみである。



アニメチャンネルでは、
モスピーダなどもやってるらしい。↓ ↓


当時は、結構好きだったw
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 05:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2006年12月20日

オタク文化は世界的??・・なの???

アマゾン(Amazon)といえば、
インターネット最大のブックマーケットとしても有名だが、

そのアマゾンが
なんとオタク専門のサイトをオープンした。

ここだw。
OTAKUストア


日本では、電車男のブームでやや市民権を得たかに見えたが、
相変わらず、キモい、ウザいの代名詞ともなっているのがオタク文化。

というか、ネットでこんな記事を真剣に書いている私も、
どちらかといえば、世間はオタクに分類するだろう。

それは、それでよい。

何も恥じることはないのだから・・・。

ちなみに、
私はファーストガンダムのセリフは全部入っている!?
(充分オタク??)

しかし、アマゾンが本格的に乗り出すということは、
それだけシェアがあるということなのだろう。

事実、アメリカのポケモンのブームは
大人も巻き込んでいるし、
ヨーロッパでは、日本のアニメのコスプレが市民権を得ている。

アマゾンのこのサイトは、
今後、カテゴリー別、キャラクター別、監督別??
までも分類し、探し出すことができるようになるそうだ。

監督別・・・というのは、いかにもオタクらしいが、
Zの劇場版2作目や、SEEDの一連の動きでバンダイにうんざりしている私は、
製作会社別、とか、メインスポンサー別、まで網羅していただけるとありがたい。


オタク文化の元祖といえば、やっぱり♪

posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | インターネット

2006年10月29日

おもしろフラッシュ 倉庫


おもしろフラッシュ倉庫というサイトがある。

マリオ系やドラえもん系、ドラゴンボールやアンパンマン、サザエさんとかガンダム seed
新しいものではデスノートや銀 魂などのアニメ動画やムービーを集めたそうこ、つまり保管庫だ。

実際に、3000以上のデータがあるサイトもある。

中には名作 劇場の画像もあったりする。

もちろん、このおもしろフラッシュ倉庫はオリジナルなので、
著作権はやばいw

ホラーや爆笑アニメ、無料ゲーム集もある総合サイトの殿堂だったりする。

あえてリンクは貼らないので、「おもしろフラッシュ」で検索するといいと思う。

超厳選されてるおもしろフラッシュ倉庫から小さいものまで、
かなりのサイトがある。

もちろん、エロ映像や爽かなもの、他のサイトへのリンク集もある。



とにかく、面白いので、楽しむには最適だw
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | インターネット

2006年10月21日

やわらか戦車   って???

ひそかにブームらしいけど・・・

私は知らなかった・・・。

ライブドアのネットアニメで公開されているアニメキャラw

ラレコさんという方が創作されたものらしい。

やわらか戦車7まで公開されているが、
こ、これは・・・!!

か、可愛すぎる!!

私の勘じゃ、
これ、絶対流行るネw

ここで見れるよ^^。
http://anime.livedoor.com/theater/2.html
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | インターネット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。