スポンサードリンク

2007年06月13日

ヴィヴ・Viv〜<マルチ商法>聴覚障害者などが初の提訴 財産隠しの動きも

ヴィヴ・Viv〜<マルチ商法>聴覚障害者などが初の提訴 財産隠しの動きも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000010-mai-soci

ヴィヴといえば、数年前から1年前にかけて、
メルマガやメッセなどで賑やかに宣伝していたマルチ商法。

確か・・・
ポケモンの仕掛け人がプロデュースしているから凄いことになる
などとほざいていたような・・・w

くだらんマルチに50万も出費するのがアホらしくて
一笑に付していたが・・・(笑)。

あれだけ懸命に勧誘していた連中、今はどうしているのだろう・・・。

ヴィヴ(VIV)だけじゃなく、マルチはまあ、こんなもの。

あ、そうそう、
特商法取引法っていうのがあって、
虚偽の勧誘をすると、罪に問われるから。

つまり、
儲かる儲かるだけ話して煽る行為そのものが、
罪に問われる。

法律に則って勧誘できるものなら
是非やっていただきたいものだ。


久々の更新がマルチ・・・。




「老いたな・・・・。」(ギレン風)


posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年04月24日

洞爺湖で開催。来年のサミット

洞爺湖で開催。来年のサミット


毎回、サミットの開催地は
都市部よりも風光明媚なところが選ばれている。

ストレスの多いサミットでの日程をこなすには、
少しでもリラックスできる環境を選びたいというところなのだろうか・・・。

で、次回のサミットは
北海道の洞爺湖に決定した。

マスコミの報道している洞爺湖の写真を見ると、
ごみごみとした都市部(一応・・・)に住んでいる私にとっては
うらやましい環境のようだ。


ところで・・・



洞爺湖といえば・・・・



例の『木刀』だw






『木刀』のキーワードで気づいた人は
かなりのオタだといえるw

家族全員オタの我が家では、
「サミットが洞爺湖で開催決定」
の報道を見た瞬間、話題がそちらに移った。


そう、坂田銀時の『伝説の木刀』だ。

本当は通販で購入しているものらしいが、
銀さんは「伝説」と言い張っている。



コミックのほうは、どうかわからないが・・・・


もはやグダグダでやりたい放題になっているアニメのほうでは、
間違いなく「サミット開催」をネタにするだろう。


「銀魂」世界のサミットも洞爺湖で開催。
本会議の席上になぜか「エリザベス」が同席
というのも悪くない。


あのグダグダは、結構気に入っているので、
スタッフの皆さんは、そのポリシーを貫いて欲しいものだ。


「銀魂」イチオシキャラw


中身は謎のおっさんw
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 05:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年03月01日

遅刻者をさらし者??

遅刻は良くない。

一般的に社会においても、
時間にルーズな人間は、信頼性を欠くことになる。

なので、「遅刻をすることは良くない。」

それを教えることも教育の一環で、
これは家庭教育においても、
学校教育においても、
日常的に子供たちに教えている事柄である。


しかし・・・

これはどういうことだろうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070301-00000401-yom-soci&kz=soci


川崎市の中学校で
遅刻した生徒の名前を、模造紙に張り出していたそうだ。


しかも・・・
遅刻の回数に応じて、ランクわけを行い、
「イエローカード」
「家庭にTEL」
「校長先生と面談」
「地獄へ直行」
などと5段階で張り出されていたそうだ。

しかも、この行為を行なっていた担任は
学年主任。

つまり、学校における管理職の一人だ。


問題外である。


まず、
遅刻という行為に対し、
ペナルティをもって
それを抑制させるという教育方法、

つまり、
「○○をやると、キミは罰を受ける。
だから、やってはいけない」
などという教育方法そのものが安直過ぎる。

少なくとも、私は自分の子供たちに対し、
そうした教育を行なったことはないし、
行なわなくても、
彼らは他人の痛みを充分にわかっているし、
自分にとっての「正しいこと」を掴もうとしている。


教師という教育のプロが、
ペナルティを課すことで教育を行なうことが、
そもそも、問題外である。

教員免許を取るために大学で何を学んできたのか、
今までの教育現場で、何を学んできたのか、
是非訊いてみたい。


ましてや、
遅刻した生徒の名前を廊下に張り出し、
さらし者にするなど、言語道断だ。

更に、
「地獄へ直行」
などとは、たわけているにもほどがある。


これでは、子どもたちの心が荒廃するのも、無理はない。


しかも、校長すら、それを黙認していたという。


情けないにも、ほどがある。

あえて言わせてもらえば、
これらの教師は、
教育に関わる場所から去るべきだ。



こうした一部の教師が、
懸命に頑張っている大多数の教師の足を引っ張るようなことをしているのが
非常に腹立たしい。


人は
「外圧的な力」をもっては教育はできない。

本当の教育は
「内発的な力」をもって行わなくてはならないことは
素人の私でも知っていることである。

これは
理想論ではない。

なぜなら、私をはじめ、
実際にそれを実践してきた人が
沢山いる。



posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年02月27日

健康食品・・・危険かも・・・

今日の朝から、「花粉症に効果がある」と謳っていた健康食品で
意識不明の重体に陥った女性の件が、報道されている。

関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000106-yom-soci


実際に、
「花粉症に効果がある」
とか
「花粉症に効く」
などと効能を謳って販売していれば、
これは明らかに薬事法違反となるが、
現段階では、どうやらそうした記載がないようだ。


この会社と商品をネットで検索してみたが、
意識のあるサイトオーナーは、
すでにネット販売を止めているようだ。




ところで、この会社(健森)が実際にどういった販売方法をしているのかは
わからないが、
健康食品は、よくマルチ商法の商品として用いられたりする。


マルチ商法そのものは合法なので、とやかくは言えないが、
勧誘の際に商品の説明をするとき、効能じみた説明をしている人やサイトを見かけるが、
明らかに「薬事法違反」である。

特に、マルチ商法に関しては、それぞれの勧誘員が事業主として判断されるため、
「会社から言われました」
とか
「紹介者(親)から言われました」
などという言い訳は通用しない。

説明をした当人が罪を負うことになる。


ここ数年、インターネットの世界でも、
マルチ商法のホームページや宣伝を見かける。

が、くれぐれも、
マルチ商法で儲かることはないので、
用心すべきだ。

また、商品について、
「他所では手に入らない」
との説明があったりするが、
そんなことはない。

じっくりと調べてみれば、
同等の品質のものが、
半額近くで必ず手に入る。




少し話は逸れたが、
健康食品は、くれぐれもその成分をじっくりと調べて、
可能であれば、医師に相談したほうがいい。

マルチ商法は・・・
「触らぬ神に何とか・・・」
だw


マ○チ商法のセミナー・・・らしい

煽りまくるな・・・。
ってか、明らかに違法だよ、これw
くれぐれも、洗脳されないように・・・。
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年02月22日

0.5%の金利引き上げは妥当か?

日銀が0.5%の利上げを決定した。

今まで長く続いた超低金利時代は、
確かに異常な事態ではあった。

が、この局面での利上げは妥当なのだろうか?


私の発想の根本は、
「毎日チラシを隅々まで眺めて、
今日どこでキャベツを買い、
どこで豚肉を買うかを考える一般の主婦層こそが
経済のバロメータ」
である。

なぜなら、日本経済の一般的な流れを
日常的に構築しているのは、
ほかならぬ彼女達だからだ。

亭主の昼食費や小遣いを仕切っているのも主婦なら、
子どもがどんなゲームを購入できるかの権限も、
ほとんどの場合、主婦層が握っていたりする。


大言壮語を吐く政治家や大企業の偉いさんたちは、
所詮そうした主婦層の流通の上でしか、
動けない。


そう考えると・・・
今、日本の台所を牛耳っている主婦層のほとんどは、
税金の上昇に悩み、
お年寄りの介護負担の増大に、
家計の負担を余儀なくされている。


まだ、家計の疲弊は回復していない。

ここで「たとえわずかでも利上げ」ということになると・・・
彼女たちのやりくりは楽になるのだろうか?


たぶん、数年後、
これが答えとなって出ていると思う。


ますます2極化していくのでは・・・?


関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070222-00000105-yom-bus_all
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年02月08日

また厚生労働関係が問題発言

厚生労働大臣の諮問機関として運営されている労働政策審議会というものがある。
ここの分科会委員に奥谷禮子氏という人材派遣会社の社長がいるが、
この奥谷氏が、柳沢大臣に負けない問題発言をして、
物議をかもしている。


奥谷氏は、週刊誌のインタビューで
「過労死するのは本人の自己管理の問題」
と発言。

さらに、
「経営者は、過労死するまで働けなんていいません。
過労死を含めて、これは自己管理だ。」

「祝日も一切なくすべきだ」
「労働基準監督署も不要」
「労働者を甘やかしすぎ」
などとも発言しているらしい。

この問題について、取材に対し、
「発言の一部分だけを捉えた質問は遺憾。倒産しても、
会社は社員を守ってくれない。早くから自立的な意識を持つべきで、
労働者への激励のつもりで発言した」
と話した。




ということだが・・・。



何を考えているのか、
この奥谷氏の発言を真に受けて行動すると、
ほとんどの会社では働けなくなるというのが現実だ。

そのことすら認識していない人間が政府の諮問機関に属するなど、
荒唐無稽である。


事実、ある会社の管理職の人間は、
残業時間についてのある現場管理者の質問に対し、

「サービス残業をしてもらっているのは、心苦しい。
が、サービス残業をしてもらわなければ、会社が成り立たないのが現実。

どうしても、と言うなら、サービス残業のない、
定時きっかりで帰れる会社に行くしかない。」

などと、暗に不満を漏らす社員に解雇予告とも受け取れる発言をしているのを、
私は間近で聞いたことがある。



会社が社員を守ってくれないのは事実。

それは、私自身、2度も体験した。



が、過労死するまでとは言わないが、
過労が元で病に倒れる人が多いのも事実。

実際に、真面目に働いているサラリーマンに
鬱病患者、また鬱病予備軍が増えているのも事実。

彼らは、自分の心身に鞭打って、企業で働いている。


奥谷氏がどれほどの人間か知らないが、
大衆の痛みを認知できない輩に、
これ以上国民を苦しめる権利はない。



そういえば・・・

柳沢大臣は、身内の公明党の松あきら議員からも
「けじめをつけるべき」と言われたそうなw

当然だ。
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年02月06日

柳沢伯夫厚生労働大臣がまたお騒がせ発言

柳沢厚労相 「子供2人以上が健全な希望」記者会見で発言

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070206-00000022-maip-pol


続投がほぼ確定したことで安心したのか、
またこの柳沢伯夫厚生労働大臣がお騒がせな発言をした。


これは、かみつかれて当然だ。

じゃあ、何か?、
子どもが欲しくないという夫婦は不健全なのか?

結婚に対し、何らかの事情でそれを望んでいない人は不健全なのか?

というか、そうした考え方に対し、
柳沢ごときの人間が
何を持って「健全・不健全」のカテゴリわけをすることができるのか?


こういう不健全な思想を持っている政治家を存在させていること自体が、
不健全だと思うのだが・・・w


少子化問題云々とほざくのであれば、
なぜ少子化の方向に向かったのか?


大きな理由に、

・適正なコストで保育所に子どもを預けられない
・その保育所すらない
・出産のための仕事の休暇が、未だに認められない現状

があることは、誰でもわかっていることだし、
これら全部が、柳沢の管轄じゃないのか?


ちなみに・・・
以前関西の某局で放送していたのだが、
事情があり生活保護を受けている主婦が
妊娠したことを役所に届けに行ったとき、

窓口の担当は、
「生活保護を受けているのに、やることはやっているんだな」
などとおっしゃったらしいw

柳沢とこの公務員とが
同じ匂いのする人種に思えるのは、
私だけだろうか・・・。


posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 18:13 | Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース

2007年02月05日

首がつながった???

北九州市長選挙と愛知県知事選挙が昨日2月4日行なわれ、
与野党痛み分け・・・という結果に終わった。

民主党をはじめとする野党は、
1敗は僅差だったことから
自信を深め、
与党は、例の柳沢問題を持ってしても勝利を得たことに対し、
自信を深めたらしい。


関連記事
<柳沢厚労相>「クビつながった」政府・与党は続投の方針


知事・市長という選挙に、各党の支持率といったものを考慮してもいいのかどうかが、
まずは疑問だ。

その上で・・・
柳沢大臣の問題に関しては、
私は、愛知・北九州のどちらの投票者の皆さんも、
いずれもNOとしているのではないかと思う。

発言自体は、議員辞職というか、議員引退という責任の取り方をしても当然だと思うし、
また野党の審議拒否という愚かなスタンスも、
国民はあきれ返っていると思う。

つまり、今回の選挙結果には、
与党が嫌だとか、野党がどうとか、
あまり影響がなかったのではないだろうか?


いいかげん・・・
議員のみなさんは、
目覚めたほうがいいのではないだろうか??


「目覚めなさい」・・・
といえばww


「女王の教室」
こんな教師は極端だが、政治家共には、必要かもw
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年02月04日

行き過ぎた番組制作〜ご褒美は香港旅行

例の関西テレビ製作の情報番組「発掘!あるある大事典2」は、
「視聴率が20%越えたら、香港旅行をさせてもらえる」
と、数字を狙ってかなり無謀な製作を行っていたそうだ。



関連記事

「あるある」20%超で香港旅行
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070204-00000022-dal-ent


記事の内容を見たが、
翻訳もでたらめなら、
引用した資料もでっちあげ。

問題になった納豆ダイエットの全ての内容が否定されるような
製作の現場だったようだ。


確かに、テレビ番組を含め、ビジネスというものは数字が全てを物語る厳しい世界だが、
それにしても、たかが、と言っては申し訳ないが
香港旅行ごときのエサにつられて、
自分の仕事に対する誇りをも失ってしまった彼ら製作者達には、
なんら同情の余地はない。



「発掘!あるある大事典2」のお詫び放送


カンテレのアナウンサーの方たちも、自社の問題だからと言って
彼ら個人に何の責任もないのに謝罪をしなければならないというのは、
同情に値する。

今日はこの辺でw
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年02月03日

線維筋痛症という病気

線維筋痛症を苦にしたと言われているが、
日本テレビの女子アナウンサー大杉君枝さんが
昨日2月2日午前6時ごろ、
東京都内の自宅マンションから転落死。

飛び降り自殺とされている。



線維筋痛症についてまったく知識がなかったので、
少し調べてみた。

症状は、
全身に激しい痛みが生じる。

症状は個人差があり、軽度の人は仕事もできるが、
重度の人は自立した日常生活がおくれないほどだそうだ。

痛みは、病に侵されていない私たちがイメージできない痛みだそうで、
患者の方は
「電気が走るような痛み」
とか
「血管の中をガラスの破片が流れるような痛み」
と表現している。

おそらく、想像を絶するような苦痛ではないだろうか?



原因不明の病気で、
治療法もまったく確立されていない。

また、普通の医師では病名を特定することは困難で、
より高度な検査と診断によって初めて特定される病気だそうだ。


大杉君江さんご本人は、
昨年10月に初産をされたばかり。



ともあれ、
そうした激痛を伴いながらも生き続けていくということは、
とてもではないが、
私よりもはるかに強靭な精神力を要するのではないだろうか?


大杉君江さんが病の苦しみに負けたなどとは
私たちは言えようもない。


ただ・・・・
病気というものは不思議なもので、
治療法がないといわれる病気でも、
数年後には感知できる治療法が確立される場合もある。

そのために、夜を徹して研究されている方々もいらっしゃる。


希望を失いがちになる状況だとは思うが、
是非、同じような病に犯されている人たちは
未来を見据え続け、
生きつづけていただきたい。


安易な発言のように思われるが、
実のところ、
希望を失う病
つまり鬱病、それも重度の鬱病を
私もかつて乗り越えてきた。

今ほど社会的に鬱病が認知されておらず、
世間からは廃人同様に扱われていた時代に・・・。

何度か自殺も図ったが、
家族の支えにより、今の私が存在している。


なので・・・・
大杉さんのご冥福を心からお祈りすると共に、
今生きている方々は、
決して希望の光を見失わないで。


数年後のあなたの日々が
悲観的なものだとは
誰も断言できないのだから・・・。
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年01月28日

IT産業に積極的に動く自治体・・・仙台市

仙台市が、
知的創造産業とIT産業の提携を通じて
付加価値の高いビジネスモデルの創出を目指し、
共同事業体を設立するそうだ。

関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070128-00000008-khk-soci



記事を見ると、プランは素晴らしいと思う。
各分野の学識経験者を招いてセミナーを開き、
IT関連事業と芸術、アパレルなど
創造的なジャンルを融合したビジネスを
自治体が率先して創り出すということは
非常に時宜に適っていると思われる。


が、
気をつけていただきたいのは、
内職商法、いわゆる悪徳商法の会社が、
仙台市、特に青葉区にとても多いことだ。


事実、消費者センターに寄せられる苦情や被害のうち、
かなりの数の悪徳商法の会社の所在が、
仙台市とされている。



なので・・・
まずはこうした悪事を働く連中をどうにかしないと、
玉石混同の様相を示し、
せっかく健全な事業体が出来上がっても、
それを悪用する輩がなくならないのではないだろうか?
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年01月22日

史上最大のオンライン銀行窃盗inスウェーデン

スウェーデンの銀行Nordeaが、
オンライン銀行で
700万クローナから800万クローナ(約1億2000万〜1億4000万円)の被害を受けたと説明。

同銀行は、過去15ヶ月間、トロイの木馬を含んだメールのターゲットになっていたらしい。




手口は・・・

同銀行の名前をかたったメールを送信。
メール内で、「スパム対策のアプリケーション」をダウンロードするように
勧める。


メールを受け取った顧客が添付のファイルをダウンロードすると、
トロイの木馬に感染。


その後、
顧客が同銀行の口座にログインしようとすると、
このウィルスによって
偽のページのリダイレクトされ、
そこが偽のページと気づかない顧客は、
そのままログインのアカウントやパスワードを入力。

サイトは、技術的問題が発生云々のエラーメッセージを表示。


まんまとログイン情報を手に入れた犯人は
この顧客の口座からお金を引き出すことに成功する、
というものだ。

いわゆる、
フィッシング詐欺と非常によく似ている。



犯人グループは、
犯罪が発覚しないように、
ごく小額の引き出しを数回にわたって行なう。

これを大量に繰り返し、
日本円で1億を越える額を手にしたらしい。


同銀行は、
顧客の損害を引き受け、
全額補填。


犯人グループは、
ロシア内部に潜む犯罪組織と疑われている。



日本でも、よくフィッシング詐欺などが報道されてたりするが、

1、企業が添付メールを送ることはありえない。
一般的に必要なソフトがあれば、サイトからのダウンロードを勧める。

2、メールに記されているURLをひとまず疑い、
お気に入りなどにある公式サイトからアクセスをする。

とまあ、このふたつをやっておけば、
被害にあう可能性は格段に低くなる。

疑問に思う情報が寄せられた場合は、
直接聞いてみるのがもっとも確か。



あ、
意外に多いのが、
このご時勢なのにアンチウィルスソフト、
アンチスパイウェアソフトでのセキュリティを
行なっていない人。



犯罪は巧妙になっているので
くれぐれもご用心を。



タカアンドトシの銀行強盗w
次のネタはオンライン強盗??



関連記事「Kyan's BLOG
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年01月21日

納豆ダイエットが捏造・・・ヤバいかも・・・

フジテレビが発掘!あるある大辞典で前回放送した納豆ダイエットについて
放送内での実験が捏造だったと記者会見をしたそうだ。


・番組内で紹介した「やせる前」と「やせたあと」の比較写真は実際の被験者と無関係
・アメリカの研究者(米テンプル大のアーサー・ショーツ教授)のダイエット効果についての発言の事実は無かった
・実験中にあったコレステロール値、中性脂肪値、血糖値などの数値測定は、実際は測定していない
・納豆の食べ方を変えて測定したという話はでっちあげ

などなど、
関西テレビの千草宗一郎社長が20日の記者会見で陳謝したそうだ。


原因は、どうやら
下請けの制作会社にあるらしい。
取材の難航などで追い詰められて、ついやってしまったらしい。

番組は、21日の放送からしばらくの間、中止にするとのこと。


まあ、実際に納豆のイソフラボンには多少のダイエット効果もあるらしいが、
何しろデータの捏造はよくない。

番組で紹介されたほどの数値が出るのであれば、
このダイエットブームの中、
日本でもっとも一般的な食材である納豆に対し、
各メーカーが今まで注目しないわけは無いからだ。



完全なお笑い関係のバラエティであれば、多少の悪ふざけは許されるだろうが、
発掘!あるある大辞典は、今や重要な情報番組として茶の間に定着している。
(もっとも・・・私はほとんど見ない・・・。
情報に踊らされるのが嫌だからだ。)


市場を
完全な品薄状態にさせるほどの影響力を持つ番組が、
しばらくの間中止・・・では済まされないだろう。

たぶん、打ち切り・・・かな??




発掘あるある大辞典でのくすぐりレポート

posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 04:49 | Comment(1) | TrackBack(2) | ニュース

2007年01月16日

不都合な真実―米元大統領ゴア氏

今朝から「不都合な真実」というドキュメンタリー映画が
話題を呼んでいるとテレビで報道されていた。

最初、てっきり私は、例のブッシュ大統領を批判した映画
(マイケル・ムーア氏 華氏911)
の類か何かと思っていたのだが、
もっと真面目に接しなければならない映像だったようだ。


アル・ゴア氏は、
クリントン時代の副大統領。
2000年の大統領選でブッシュに破れた人物だ。

副大統領時代、全米規模のコンピューターネットワーク、
情報ハイウェイ構想を提唱した人物として有名。

今も、Apple社の取締役やGoogle社のシニアアドバイザーを
兼任している。



その彼が、今熱心に取り組んでいる問題が、
「地球温暖化現象」。


その警鐘のため、世界各地で公演した内容をまとめたものが、
「不都合な真実」ということだ。

「不都合な真実」とは、言いえて妙だ。

確かに、地球温暖化現象についての問題は、
一部の為政者や経済人などにとっては、非常に「不都合なもの」
であるからだ。


1月20日には、
この映画は日本でも公開される。


アル・ゴア氏は、地球温暖化の問題は、
「人類史上最大の危機」と捉えている。
(私は、どちらかというと
核問題のほうが問題だと思うのだが・・・)


地球規模で捉えると、
京都議定書も何のその、
温暖化は、着実に進んでいる。


このままいくと、
3世代後、つまり孫の世代には、
確実にこの星は生命存続が危険な
「死の星」へと変貌してしまう可能性がある。


アル・ゴア氏は、
この危機的状況は、
人類史を変換する大きなチャンスとも言っている。

人類1人1人が意識を変革し、
問題に真正面から取り組むことができれば、
それは間違いなく、後世に
大きなチャンスだったと言わしむることができるだろう。


「不都合な真実」の公式サイトはこちら

http://www.futsugou.jp/

日本語対応している。

サイト内には、いくつもの
「家庭でできる温暖化防止策」も紹介されていて、
我が家でも、いくつかは実践していないものがあった。

(私は、これでもエコロジスト・・・なのだが・・・・)



不都合な真実の予告編


posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(7) | ニュース

2007年01月15日

平成19年用お年玉付郵便葉書及び寄附金付お年玉付年賀切手の当せん番号

今日、郵政公社、ゆうびんなどへの検索数がかなり増加しているので、
また何かやらかしたのかと思ったら、
どうやら、お年玉付年賀はがきの当選番号の検索だったようだw。



当選番号はこちら

平成19年用お年玉付郵便葉書及び寄附金付お年玉付年賀切手の当せん番号


ところで、毎年元旦に届いていたはずの年賀状が、
今年は元旦には1枚も届かず、
翌2日に届いた。

郵政公社によると、差出人の年の瀬の駆け込み投函が増加し、
処理能力のキャパを越えたためらしい。


ん??

今までは、普通に平気で、
年末に投函したはがきは、
3日以降に配達していなかったか?


民営化を控えた昨今は、
窓口の対応も心地よく、
「やればできるじゃんww」
の郵政公社なので、あまり悪口も言いたくないが、
どうやら、サービスが仇になった形なのかもしれない。

まあ、今までサービス面で何も自助努力をしてこなかった組織なので、
少しくらいは多めに見なければならないのかもしれない。


将来的に、サービス面が向上すれば、問題はなかろう。


いっそのこと、
NHKも民営化したほうがいい。

国家財政の破綻に対し、
税金を上げたり、弱者からの搾り取りをする前に、
不要になったものは取り除くべきだ。



郵政公社の話題からNHKに移ってしまったが・・・
今回の大河は面白そうだった。


こういうの、作れよ、
予算がいっぱいあるんなら・・・。
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年01月14日

終末時計の針進む

終末時計。

世界終末時計は、核の時計とも言われるが、
核戦争で地球が滅亡するときを午前零時として
それまでの残り時間をカウントする時計のことだ。

あくまで、表示される残り時間は象徴的なもので、
実際に動くわけではない。


つまり・・・

残り時間が少ないほど、
この星が核による滅亡の危機に瀕していることを
指し示している。


オバカな各国の首脳陣は
こうしたものでもないと、
平和を指向した政治ができないらしく、
世界情勢を抽象的に示す座標として、
結構役に立っていたりする。


この世界終末時計。

1991年、つまりゴルバチョフさんが頑張っていたころ、
17分前まで針が戻され、かなり核への危機感は薄らいでいた。

が、それから少しずつ針は進み、
2002年のアメリカのABM脱退で、
ついに7分前まで針が進んでしまっていた。


今回、北朝鮮の愚かな核実験を反映して、
さらに針が進むことになったそうだ。

実際にどれだけ針が進むかは、
まだ明確になっていない。


それから、イランの核問題も反映しているようだ。


武力のバランスシートなどと
わけのわからんことをおっしゃっている各国首脳や
日本海を中心に戦争の危機があると煽っているマスコミなどが、
この国には存在する。



根本的なことだが、
人を産み、
人を育み、
人の衣食住を守っているのは、
いつの時代も女性だ。

そして、
わけのわからない諍いごとに巻き込まれ、
いつも涙を流しているのも女性。

そうした女性や
毎日の生活に懸命に生きている大衆が
果たしてそうした行為を望んでいるのかどうか、
よ〜く考えてから行動して欲しい。


北朝鮮がどうだとか、
アメリカがどうだとか、
そんなことよりも
もっと大事な答えが、
そこにある



・・・・


まあ、
今の為政者達には
何を言っても無駄か・・・。






世紀末救世主伝説w
こんな時代が実際に来ることがないように・・・。


posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 06:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年01月12日

不二家のお粗末な事件

洋菓子販売メーカー大手の不二家が
同社埼玉工場で賞味期限の切れた牛乳でシュークリームを作っていた問題・・・、

管理体制の問題もさることながら
昨年11月に
「消費期限切れ原料の使用がマスコミに発覚すれば、雪印乳業の二の舞となることは避けられない」
という配布資料を作成していたことが問題になっている。

まさに、企業倫理を問われる問題に発展している。



藤井林太郎社長らは
事実を認識していた上で、
回収措置や公表を怠っていたことについて、「対策が不十分だった」と陳謝。



・・・
いや、
対策が不十分というよりも、
消費者よりも企業優先のその考え方が、
間違っているのだ。

そう、
不十分ではなく
「間違っている」
のだ。



サービス業のマニュアルに一般的に書かれていることは
「お客様優先」の姿勢。

また、
「自分達の給料は、お客様からいただいている」
という考え方が、サービス・販売業の常識であり、
おそらく、末端の不二家の店舗でも、そういった教育がなされていたと思う。


給料をいただいているお客様への「裏切り行為」。

これは、許されるものではない。


この事件を反映して、
不二家の株価は続落。

本来の会社のオーナーとも言える株主に
多大なる損害を与えた現経営陣は、
その責を追わなければならないだろう。



雪印グループも、
マーケットの中から姿を消しつつある状況で、
また不二家も、同じ轍を踏むことになる。

株主、社員、消費者に対し、
どういった方法で己の行なった行為の償いをするのか、
しっかりと見て行きたい。



懐かしの不二家のCM。
もう、こうしたCMも、見ることはないだろう・・・。

posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年01月07日

安藤百福さんご逝去

毎日のようにインスタントラーメンを
手軽に食している私のとっても、
この人の存在は、あまりにも大きかったように思う。

安藤百福さん。

日清食品の創業者で、
即席めんの発明者。

この日清食品の創業者で元社長の安藤百福氏(あんどう・ももふく=日本即席食品工業協会会長)が5日午後6時40分、
急性心筋梗塞(こうそく)で死去した。

96歳だった。


即席めんの発明で、
日本の貧困層はもちろん、
世界的にも
貧しい人たちがかなりの恩恵を蒙った。

また、今では宇宙食としても
高い評価を受けるようになった。

安藤さんの発明は、
20世紀における
食の大発明だったと思う。


昭和の時代には、
即席ラーメンは栄養的に問題があるとか、
長く食べ続けると、子孫の身体に影響を及ぼすようになるとか、
様々な噂が飛び交ったときもあったが、
今や、日本はおろか世界的にもメジャーな食品として
即席ラーメンは存在している。

また、下手なラーメン屋よりも
上手かったりする。


ともあれ、
心よりご冥福を祈りたい。




懐かしのカップヌードルのCM
発売初期だったと思う・・・。

posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2007年01月05日

渋谷女子大生遺体切断事件・・・。

女子大生の殺害と、死体損壊容疑で逮捕されたのは
実の次兄だったというこの事件。

次兄は浪人生の武藤勇貴(ゆうき)容疑者(21)。

殺害された女子大生は
高峰駆(高峯駆)という芸名で芸能活動をしていた
武藤亜澄さんという女性だったそうだ。


まあ、いずれにしても
近隣が様々な憶測を立てていくだろうから
父親は今後、開業医を続けていくことは難しいだろうし、
長兄も、今までどおり学業を継続していくことは難しいと思う。



「『私には夢があるけど、勇君(勇貴容疑者)には夢がないね』となじられ、頭にきて殺した」
らしい。
更に、
「私は勉強しているから夢が持てる。(勇貴容疑者は)しっかり勉強しないから夢がかなわない」
とも言われたと供述しているそうだ。


まあ、どんなになじられたとしても、
それが殺人していい理由にはならないし、
それが身内なら
普通はいえないような言葉の暴力も浴びせるだろうし、
ストレートに感情も露出するだろう・・・。


私が思うのは、
今後様々な検証が為され、
加害者になんらかの精神障害が発見されることもあるかもしれないが、
いずれにしても、教育に問題があったのではなかろうかということである。


あえて、ご両親の教育内容を分析することはしないが、
一元的な価値観の押し付けと、
人権に対するあまりにも後進的な基準の刷り込み。

これらが、今回の事件の遠因であったことは
想像に難くない。




と、
真面目に論議してみたけど、
要するに、最近の若者って言うのは
キレやすいといわれるほどにストレスにさらされているんだから、
周りの大人たちが、もっとちゃんとケアに目を向けてたら
こんなことにはならなかったと思う。


「20歳過ぎたら大人だろ」
という人もいるけど、そういう人に限って中身は子どもだったりするw


医者や政治家よりも成功している人って
低学歴の人の中にも沢山いるよ。



昔の価値観の押し付けは、ほどほどに。


あ、被害者の女子大生が
ヤプログでブログを公開していたけど、今はロックされている。

たぶん、このまま削除・・・。
もしかすると、データだけは身内にバックされるかもしれないが・・・。
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(4) | ニュース

2006年12月22日

W-ZERO3が1位だった今年のブログ検索キーワード

テクノラティ(別のサイトで、私もここのシステムを利用させてもらっている)がまとめた
今年のブログ検索キーワードのランキングは、
以下の通り。

知っているものもあれば、まったく知らないものもあった。

これだけネットの世界にいるのに・・・???


まだまだ広いものだ・・・。




1位 W-ZERO3

シャープ、ウィルコム、マイクロソフトが共同で開発した、2005年12月14日に発売されたスマートフォンの愛称。
(まったく知らなかった・・・。というより、話題になったけど、興味がないから忘れてただけか??)


2位 功名が辻

2006年度のNHK大河ドラマ。
(仲間由紀恵は、どんどん綺麗になっていく・・・)


3位 極楽とんぼ

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱が不祥事を起こし、吉本興業を解雇。相方・加藤浩次が翌日朝の生番組で謝罪をした動画はYoutubeで一日に100万回以上視聴された。
(山本復活のために、某大物芸人が2人ほど動いているという噂は本当??。というか、山本よりひどいことをしている芸人は沢山いるとか・・・)


4位 X01HT

Softbankから2006年10月14日に発売されたスマートフォン。
(知らない・・・。電話に興味がないのか?私は・・・)


5位 Wii

任天堂の次世代家庭用ゲーム機。日本では2006年12月2日に発売された。
(このサイトでも、記事にした。たぶん、次世代機はwiiの一人勝ち)


6位 ライブドア

ライブドア社が粉飾決算を行っていたことで、今年1月に堀江元社長を含めライブドアグループの幹部数名が逮捕された。
(ライブドアショックで自殺した人が多かった。私も煽りを受けたが、元々投資というものは、余裕資金でするのがベストと・・・)


7位 上川隆也

大河ドラマ「功名が辻」の主演俳優。
(彼を見ると、『お水の花道』でのあのクサい芝居が・・・w)


8位 ウェブ進化論

梅田持夫氏の著書。「ブログ」「ロングテール」「Web2.0」といった新現象を通して、ネット社会のこれからを提示している。
(どれも、インターネットビジネスシーンで、すでに多くの人が取り入れている。)


9位 日本沈没

小松左京原作のSF小説。1973年に映画化されたが、2006年にリメイクで新たに映画が製作された。
(これ・・・原作は結構読みづらい・・・)


10位 Mio P350

GPSアンテナを搭載した、MioDigiWalker製のナビ機能付きPDA端末。
(というか、悲しいことにGPSそのものは、カーナビよりも子どもたちの巻き込まれた事件で一気に普及したような気が・・・)


11位 オーマイニュース

鳥越俊太郎氏が編集長を勤める、実名登録で誰でも記事を書くことの出来る参加型ニュースサイト。
(先日、ヘキサゴンで、彼が意外にタダのおっさんであることが・・・)


12位 W44S

ソニー・エリクソン製のau携帯端末。
(知らない・・・。けど、私もauに変えるつもり・・・)


13位 亀田 八百長

ボクシングの亀田興毅選手が、9月に行われたランダエタ選手との試合に微妙な判定で勝利したことで、ネット上で「八百長疑惑」が持ち上がった。
(あの試合はひどかった・・・。が、攻められるのはプロモートしたTBSで、決して亀田親子ではないはず・・・)


14位 荒川静香

トリノ冬季五輪女子フィギュアスケートで金メダルを獲得。「イナバウアー」は流行語大賞にも選ばれた。
(メダル獲得以降、綺麗になってきていると思うのは、私だけ??)


15位 山本圭壱

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の元メンバー。
(なんか・・・色々と裏であったような・・・。加害者のようで、彼は被害者かもしれない・・・)


16位 ワーキングプア

「いくら働いても豊かになれない貧困層」を指す。NHKスペシャルで特集され、大きな反響を呼んだ。
(日本人の多くが、ここにいると思われ。)


17位 石原真理子

自身の恋愛遍歴を、相手の男性の実名を出して綴った自叙伝を出版し話題となった。
(男として・・・「あれはルール違反だろ!!」)


18位 本田美奈子

歌手。2005年11月に急性骨髄性白血病の為、他界した。
(意外に、デビュー当時の彼女が結構好きだったりする。自分よりも若い人が病気で亡くなるのは・・・なんか切ない)


19位 悪い景観100景

「美しい景観を作る会」が、日本の都市、農村・漁村などの中から「悪い景観」を選定。現在暫定で70点が選出されている。
(日本人は、ランキングとかがホント、好きだな・・・(アレ??))


20位 ジャーナリスト宣言

朝日新聞が2006年5月に発表したスローガン
(昔から、左翼傾向にあるこの新聞は嫌い。というか、問題、多すぎ)




時代の波は、年々早くなっている。
本当は真剣に捉え、時間をかけて考えなければならないことが、一過性のものになったりするのが昨今。

あわただしい年末に、1年を振り返り、再確認することも必要だと思う。



私の中での『2006年の顔』といえば、コレw
   ↓ ↓ ↓
「2006年といえば・・・」
posted by ネオジオンでもやっぱり大佐w at 04:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。